無料相談受付中
29日 12月 2019
2019年12月26日、中国メディア・人民日報は「今年末までに中国では13路線の高速鉄道が立て続けに開通し、営業距離が3万5000キロを超える」と報じた。...
29日 12月 2019
最後の鋼梁2本の接続スポットの溶接が終わった26日、江蘇省鎮江市にある五峰山長江大橋の閉合作業が無事完了した。中国新聞網が伝えた。 五峰山長江大橋は、全長6409メートル、スパン(支間長)1092メートル、下層部は高速鉄道線4線、上層部は双方向高速道路8車線が通り、中国初の高速鉄道・高速道路両用吊り橋となる。
29日 12月 2019
2019年12月25日、中国紙・環球時報(電子版)によると、米科学系サイトのインタレスティング・エンジニアリングはこのほど、「2025年までに中国の労働力の5%近くがロボットに置き換えられる」とする記事を掲載し、次のように伝えている。...
29日 12月 2019
2019年12月23日、中国メディアの環球時報は、インド紙ザ・ヒンドゥーの記事を引用し、中国ではフードデリバリー業界が激しい競争を繰り広げていると伝えた。...
29日 12月 2019
フェローテックホールディングス、中国子会社が提訴される / ウインテスト、半導体検査装置事業で中国子会社設立 / 「ミトラスフィア-MITRASPHERE-」を台湾・香港・マカオに配信 ●フェローテックホールディングス、中国子会社が建設工事代金をめぐり提訴される...
29日 12月 2019
2019年12月25日、中国メディアの参考消息網によると、スペイン紙ABC(電子版)はこのほど、「中国は1秒間に7万8852ドル稼ぐ世界の工場」とする記事を掲載し、次のように伝えている。...
29日 12月 2019
中国農業科学院深セン農業ゲノム研究所研究員の阮珏(ルアン・ジュエ)氏が率いるチームはこのほど学術誌「ネイチャー・メソッズ」に、第3世代シーケンスデータアセンブリアルゴリズム「Wtdbg」を発表した。第3世代シーケンスデータの分析効率を極めて大きく高めた。今年4月に「ネイチャー・バイオテクノロジー」に掲載されたアルゴリズム「Flye」と比べ分析のペースが5倍に向上するとともに、初めてシーケンスデータ分析時間を生成時間より短くした。経済日報が伝えた。 DNAシーケンス技術は1970年代中頃から後半にかけて成熟した。ヒトゲノム計画が1990年に打ち出されると、ゲノムシーケンス技術は徐々に実験室から商用化の段階に向かった。2004年にヒトゲノム計画が完了する頃になると、第2世代ゲノムシーケンス技術が相対的に成熟し、大規模な商用化が始まった。2013年に単分子などの第3世代シーケンス技術が登場し、シーケンス技術がより広範になり、コストがさらに下がる見通しがついた。 論文の筆者である阮氏は、「今や1人の全ゲノムシーケンスは、一般的な家庭でも費用を負担できる普通のことになった。第3世代を例にすると、そのためにかかる時間は1日で、費用は5万元(約75万円)を切る」と述べた。 阮氏は2013年に、米ハーバード大学医学部の李恒(リー・ヘン)博士と協力し、シーケンスデータのより高い分析速度と分析品質を推進しようと、シーケンスデータ分析方法(アセンブリアルゴリズムなど)の開発を開始した。2016年に研究を終え、研究成果の「Wtdbg」をすべての人に無償開放した。この成果は3年にわたり数十本の学術論文に引用され、さらに国内の多くのゲノムシーケンス分析企業によって主なアセンブリ分析ツールとして利用され、今年の世界大学生スパコンコンテストでは、性能テストの設問になった。 阮氏は「私たちは多くのフィードバックを受けている。これはアルゴリズムソフトの不備の改善に役立つだけでなく、多くのアイデアと発想をももたらしてくれた。アルゴリズムは実践の中で絶えず改善する必要がある。より多くの実際の応用により、このアルゴリズムを効果的に調整・改善できる。現在のアルゴリズムは2016年のものと比べすでに2.0バージョンになっており、より上のバージョンの研究も年初に始まった」と述べた。
29日 12月 2019
太原衛星発射センターでこのほど「長征4号乙」キャリアロケットを使い、中国・ブラジル地球資源衛星「04A星」を打ち上げた。今回の任務で搭載された主要ペイロードは、華中科技大学物理学院重力センターと中山大学物理・天文学院天琴センターが共同開発した技術実証衛星「天琴1号」だ。経済日報が伝えた。...
29日 12月 2019
上海自由貿易試験区が発足すると、海外企業が続々とここに進出した。同試験区のこれまでの契約ベース外資導入額は1271億400万ドルに達し、実行ベース外資導入額も昨年の221億3300万ドルから今年の318億1600万ドルに増加し、外資導入プロジェクトの98%以上が登録方式で実施された。経済日報が伝えた。 【その他の写真】...
27日 12月 2019
成都高新減災研究所(以下「同研究所」)が24日に明らかにしたところによると、同研究所は中国科学院力学研究所と協力協定に署名した。双方は複数災害早期警戒国家重点実験室の建設に向け準備を進めるを共同で提案し、同時に双方は複数災害早期警戒理論と技術の研究開発を共同で展開する。科技日報が伝えた。同研究所はさらに国家早期警戒情報発表センターと協力協定に署名し、災害早期警戒の「ラストワンマイル」を共に埋め、災害早期警戒情報をいち早く正確に発表することを共同推進する。協定によると、同研究所と力学研究所は国家戦略の目標及び重大需要をめぐり、複数災害早期警戒理論と技術の研究開発を共同で展開する。力学研究所の基礎・応用研究の優位性と同研究所地震早期警戒システムの結合に取り組み、双方の科学研究チームと実験条件を十分に活用し、複数災害早期警戒国家重点実験室の建設を共同で提案し、準備を進める。さらに関連分野の国家重大科学研究任務を担当し、科学研究革新やキーテクノロジーの研究開発を共同で展開する。中国科学院力学研究所はさらに同研究所の王暾所長を力学研究所の客員研究員として招請した。また、同研究所は国家早期警戒情報発表センターと共に、防災・減災や災害早期警戒分野の協力を展開する。ぞれぞれの科学研究、技術、プラットフォーム、人員などをよりどころに、関連分野の国家重大科学研究任務を担当する。技術のボトルネックもしくは解決が待たれる技術的問題に焦点を絞り、共に新技術の研究開発を展開し、中国の災害モニタリングや早期警戒サービス能力を高める。

さらに表示する